MENU

Mapダイアリー

MAP DIARY

vol.465 「気が付く」ために必要な事とは!?

マネースクール主催のマネーセミナーで「知識や情報さえあればなんとかなると
信じている人がいるとしたら、 それは大きな誤解です」という話をしています。 
 
 
最終的に皆さんに求められる力とは「情報」や「知識」を「知恵」に変える力です。 
いくら有益な情報や知識を知っても、それらをどの場面で、どのように使えば、 
最も効果が大きいのかということに気が付かなくては、情報は宝の持ち腐れで終わって
しまいます。 
 
 
では、人が「気が付くもの」にはどのような特徴があるのでしょうか。 
実は人間は二種類のものしか気付くことができません。 
それは「普通とは違うもの」と「常に警戒しているもの」です。 
 
 
昨日、街中で五人目にすれ違った人の服装を言ってくださいと問われても、大抵の人は
答えられない。 
 
なぜか?その人がごく「普通の服装」だったからです。「普通」だったからしっかり注意
して見なかった。 
 
ところが鎧(よろい)を着ていたとか、裸だったらどうでしょう。珍しいから注意を引きます。 
 
だから人は「普通とは違うもの」に気付く。 
  
 
もう一つ、人間は「常に警戒しているもの」に気付く。 
 
学校から帰ってきた子供の態度や表情が「普段とは違う」様子だったら、親なら子供の
異変に気付きませんか。 
  
 
上の二つに共通していえることは、「気付く」ためには「普通」が何であるかを認識して
いなければ、気付きようがない。 
 
「普通」というのは、その分野における「基本」です。 
 
ところが日本ではお金に関して「基本」を丁寧に、わかりやすく、実践できるような説明を
してくれる人が少ないのが実情です。 
 
「普通」を基本として物事を注意深く観察していけば、そんなの無理だと思ってあきらめて
いたこと自体が間違いだったという予想外の事実に気付くことだってあり得ます。 
  
 
マネーセミナーでは毎回、普通に銀行でお金を貯めていくと、普通に住宅ローンを返済して
いくと、普通に毎月の保険料を払っていくと最後にはどうなるかといった日常生活のお金に
関するいろんな「普通」に参加者全員に気付いてもらいます。
2017.11.17 東京本社 小林 誠

マネースクール随時開催!

将来の自分のために、お金の基本と工夫を学んでみませんか?
マネースクールに参加された方を対象に無料個別相談も行っています。
老後の不安や資産運用、住宅ローン相談など、各種お悩みをファイナンシャルプランナーが一人ひとりの状況に合わせてしっかりとアドバイスいたします。

開催スケジュールを見る

セミナー開催スケジュール