MENU

Mapダイアリー

MAP DIARY

vol.542 保護犬パート3

以前の投稿から、家で飼っている保護犬の話をしています。
今回でパート3です。

飼っている保護犬は、品種のわからない中型のThe雑種です。
受け取るときから持病があり定期的に検査治療が必要で毎月1万は病院の治療費にかかります。
それが今年から尿管結石のような石が腎臓にできやすい体質のため<尿ケア>専用の食事療法に変わりました。
3Kg5000円と一般のドッグフードの5倍の価格
定期的にエコー診断、尿管からの管による検査・・・もろもろで3万位
さらにこの夏ストレスとアレルギー体質による体のかゆみと円形脱毛!
治療にかゆみ止めの注射、薬、衛生面のフォローで毎月3万・・・
The雑種なのにもかかわらず高級な血統書付きの犬のような維持治療費になっております。

うちの子になって2年になります。
音に敏感で、ペットボトルの転がる音、雨の音、お箸が床に落ちる音にも飛び上がって反応します。
特に、雷や花火が鳴ると家の隅や私の足の間に逃げ込んできます。
やっと家族になじんでごろ寝ができるようになったので可愛くて可愛くてついつい過剰なスキンシップをしてしまいます。
これがストレスだったのか・・・?
毎日衛生ペットシートで、「お顔ふいて、お手てふいて、あんよふいて~」など
赤ちゃん扱いしていたのがストレスだったのか・・・?
可愛がりたい衝動を抑えつつ、今は程よい距離でスキンシップをして安心できる環境作りを心がけています。
保護犬は以前受けた辛い体験から立ち直るにはまだまだ時間がかかるみたいです。

2020.10.12 浜松支店 徳永 江美

マネースクール随時開催!

将来の自分のために、お金の基本と工夫を学んでみませんか?
マネースクールに参加された方を対象に無料個別相談も行っています。
老後の不安や資産運用、住宅ローン相談など、各種お悩みをファイナンシャルプランナーが一人ひとりの状況に合わせてしっかりとアドバイスいたします。

開催スケジュールを見る

セミナー開催スケジュール