MENU

Mapダイアリー

MAP DIARY

vol.803 日本は更に貧しく、低く、厳しく

安倍政権以降、政府は大学の予算を大幅に削減しました。深刻なのが大学院への予算削減です。
日本は後進国に逆戻りして社会主義的な政策を推し進めようとしているとしか思えません。
一部の特権階層によって決定された政策を国民全員が黙って従うモデルを理想としているのでしょう。

そのためには学歴の最高峰を「学部卒」止まりにしておいた方が都合がよい。
頭がいい人が多くなると国に反対意見を出したり、歯向かってくる可能性が高くなる。
要するにバカが多い方が支配するのが簡単ってことです。

日本の学歴水準は先進主要国の中で最低水準です。国連の日本人スタッフの数を見ても、他国と比較して正規職員の数が非常に少ない。言葉の問題もありますが、それ以上に重要なのが国連スタッフの応募要件の一つに「修士課程レベルの実績を有している」という項目があります。

これによって日本人の大半が応募すらできません。

日本では修士課程以上への進学率が極めて低く、博士課程への進学率に至っては目も当てられない。

日本人の寿命は100歳近くまで延びると言われています。人生が長くなるのだから高校や大学で学んだ知識だけでは一生やっていけません。これからの時代に大切なのは「学び続ける」と「異なるものとつながる」ことではないでしょうか。

2022.06.20 東京本社 小林 誠

マネースクール随時開催!

将来の自分のために、お金の基本と工夫を学んでみませんか?
マネースクールに参加された方を対象に無料個別相談も行っています。
老後の不安や資産運用、住宅ローン相談など、各種お悩みをファイナンシャルプランナーが一人ひとりの状況に合わせてしっかりとアドバイスいたします。

開催スケジュールを見る

セミナー開催スケジュール